| カテゴリ |赤ワインの種類

カべルネ・フラン Cabernet Franc

赤ワインの品種、色が鮮やかなコクのあるワインとなります。

フランスサンテミリヨン地区および、ロワール地方の代表的品種。

カベルネ・ソーヴィニヨンの起源とも、こちらが突然変異だともいいます。

あまり特徴がないのが葡萄です。

植物的な香りがする葡萄です。

ボルドーでの補助的な品種、ロワール地方のシノンなどに使われています。

posted by Emiko at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 赤ワインの種類

| カテゴリ |赤ワインの種類

ボジョレーについて

ボジョレー(Beaujolais)は、フランス南東部、リヨンの北に位置するワインの産地です。しばしばこの地のワインそのものを指します。

現在、行政上はローヌ=アルプ地域圏に属し、ブルゴーニュ地域圏のマコネ 地区に隣接し、この地のワインはブルゴーニュ・ワインに分類されます。

毎年11月第3木曜日に解禁される特産品の新酒、ボジョレー・ヌーヴォーで知られます。

「ボジョレー」と名乗ることのできるワインは、赤ワインであればガメイ種をつかわなくてはなりません。

日本はその緯度の位置により、世界で最初に解禁される国として、解禁日は

お祭り騒ぎになってますよね。
赤ワイン事典のボジョレー

posted by Emiko at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(5) | 赤ワインの種類

| カテゴリ |赤ワインの種類

カベルネ・ソーヴィニョン

赤ワイン用の代表的品種です。

タンニンが多く、渋くて酸味の強い濃厚なワインとなります。

熟成することによって繊細でまろやかな味わいとなります。

タンニンの渋みを押さえるために、

他の品種と混醸又は混和されることもおおいです。

フランスボルドー地方、メドック地方の代表的な品種です。

歴史的には、ヴィドゥーレ、ヴェデーレ、とも呼ばれ、「硬い」を意味していました。

ボルドーのカベルネ続きを読む

posted by Emiko at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ワインの種類

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。