| カテゴリ |トップニュース

戦火で不安、イスラエルとレバノンのワイナリー

 イスラエル軍とレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラの戦闘の余波を受けて、両国のワイナリーに懸念が広がっている。

 ヒズボラがロケットで大量砲撃したイスラエル北部のガリリーは国内最良のワイン産地。約600ヘクタールのブドウ畑がある。

(2006年8月1日 読売新聞)

この地域の戦火は胸を痛めることばかり、

アメリカ、イギリスの責任は重いと思うのですが、

posted by Emiko at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。