| カテゴリ |ワイン雑学

ドン・ぺり

シャンパンの高級品といえばドン・ペリこと『ドン・ペリニヨン』

由来はシャンパンの生みの親ドン・ペリニヨンに由来しています。

本名ピエール・ペリニヨン。ドンとはDOM と記し司祭の尊称です。

1667年、ベネディクト派の僧侶であった彼はシャンパーニュ地方にある修道院の酒庫係になりました。

当時この地方のワインはできの悪いものでした。

冬は温度が低すぎ、ワインの発酵が止まり、春になると再び発酵してワインの栓が中身とともに飛び出る事から、当時は「悪魔のワイン」と呼ばれていたそうです・・そんなとき、彼は僧侶たちが使っていた水入れのコルク栓を、ワインの栓に使用したころ、

炭酸ガスをボトルに閉じ込めることに成功しました。そのワインの味はすばらしかったといわれています。

ドン・ペリニヨンは、大変優れた味覚、嗅覚、記憶力の持ち主で、

寄進されたブドウ畑の特徴をすべて言い当てることができたといわれます。

ドン・ペリニヨンは、畑の短所、長所を生かしてワインをブレンドすることにより、品質の高いシャンパンが生み出せることも発見しました。

色々な工夫を重ね、シャンパンを造り上げたと言われています。



posted by Emiko at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン雑学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16772529
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。