| カテゴリ |赤ワインについて

赤ワイン

白いテーブルクロスの上で、赤ワインをグラスに注いで少し斜めにすると、ワインの色が良く分かります。


透き通った赤や、濃い紫、あるいは赤褐色のワインを赤ワインと呼びます。

一般に白ワインよりもタンニンを多く含み、渋みがあります。

主として黒ブドウや赤ブドウを原料とし、果実を丸ごとアルコール発酵させます。

この発酵の過程で、果皮に含まれる色素やタンニンが抽出されます。

マロラクティック発酵により減酸が行われることもあります。

濃厚な風味のものは一般的に肉料理に合うとされています。

赤ワイン事典の最高級赤ワイン

posted by Emiko at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ワインについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。